テーマ:川崎

いつか見た時計台

戦火や嵐に耐えてきた役所の時計台も 長年の時の流れによる老朽化には勝てず 解体されるのは仕方のないことなのだろう
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いつか見た煙

正月に町は眠ってるかのように静まり返っているが 京浜地区の空には煙の上がるのが止まない場所がある
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いつか見た寺

初詣の前の納めのとき 人で埋め尽くされる所々も 今まだ静かな一時が流れている
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いつか見た並木道

いろんな葉が少しずつ色づいてきている 公孫樹の葉も少しだけ黄色くなり出し ギンナンが沢山なっている
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いつか見た球場

イチョウの黄色が鮮やかな向こう側に 今はもうない野球場の ライトだけが懐かしく見える
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いつか見た星空

星のない夜空ばかりの町にいると 夜に空を見上げるなんてことを 思わなくなってしまうのだろうか
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

祭の提灯

暑いのは懲り懲りの筈なのに 少し涼しくなっただけで なんとなく寂しさを感じてしまう
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏祭り

通りすがりの夏祭り 町の人出に紛れながら いつしか町を離れてゆく
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more