歩道橋から

画像






人の少ない夕暮れ時
国道に架かる歩道橋に上る

立ち止まって南の空を見る

いつもは車が立て続けに流れてゆく
京浜国道の喧騒の激流

けれどそのときばかりは
あたりが真空になったように
耳に何も聞こえなくなった

信号はどこの果てまでも
振り向いた北のどこまでも
赤色に変わっていた

雲の流れている音が
聞こえてくるような気がした





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック